マークダウンでスライドを作るツールを試す

最近スライドを作らないといけないことがあったのですが、その作業の面倒さと成果物の差に閉口してしまいました。
「昔見ていた営業さんとかこういうの毎日やってたんだな」と思い返すのですが、つらいのは事実。

最近は、「自分が欲しいと感じるもの大体だれかやっている。」というのが常なので調べると、マークダウンからスライドを作るツールがいくつか出てきました。それぞれ触ってみました。

参考

個人的ざっくり感想

  • reveal.js
    アニメーション・演出かっこいい
    =>プレゼン向け
  • Marp
    スライドとしてやりたいことが大体叶う
    =>スライド向け

reveal.js

導入

VS-code での運用もよく見かけるんですが、自分は vs-code の拡張入れすぎて管理しきれないかなと感じています。
(便利なのはわかっているけれど。)
リポジトリをクローンして始めていきます。

1
2
3
4
5
6
7
git clone https://github.com/hakimel/reveal.js.git

cd reveal.js

npm install
# インストールは少々がかかる
npm start

localhost:8000にアクセスすると下のように表示が出ます。

この時開いているファイルは、index.htmlです。

使ってみる

localhost:8000/demo.htmlが、demo ページになっています。
こちらが非常に便利で、おそらく結構な機能を網羅しています。
HTML で記述する場合は、これを見れば同じような演出ができるリファレンスとして優秀でした。

今回はマークダウンで書くことが目的なので、試していきます。

index.htmlを以下のように書き換えました。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="utf-8" />
<meta
name="viewport"
content="width=device-width, initial-scale=1.0, maximum-scale=1.0, user-scalable=no"
/>
<title>reveal.js</title>
<link rel="stylesheet" href="dist/reset.css" />
<link rel="stylesheet" href="dist/reveal.css" />
<link rel="stylesheet" href="dist/theme/black.css" id="theme" />
<link
rel="stylesheet"
href="plugin/highlight/monokai.css"
id="highlight-theme"
/>
</head>
<body>
<div class="reveal">
<div class="slides">
<section
data-markdown="slide.md"
data-separator="^---"
data-separator-vertical="^~--"
data-separator-notes="^Note:"
data-charset="utf-8"
data-background-color="gray"
color="#AAA"
></section>
</div>
</div>
<script src="dist/reveal.js"></script>
<script src="plugin/notes/notes.js"></script>
<script src="plugin/markdown/markdown.js"></script>
<script src="plugin/highlight/highlight.js"></script>
<script>
Reveal.initialize({
hash: true,
markdown: {
smartypants: true,
},
plugins: [RevealMarkdown, RevealHighlight, RevealNotes],
});
</script>
</body>
</html>

data-markdown="slide.md"とある通り、スライド本体は slide.md に記載します。
そのほかの設定項目の内容は以下の通りです。

  • data-markdown=”slide.md”
    スライドのマークダウンのパス
  • data-separator=”^---“
    スライドのページ区切りを示す文字列定義
  • data-separator-vertical=”^~--“
    縦方向のページ遷移をするスライドのページ区切りを示す文字列定義
  • data-separator-notes=”^Note:”
    発表時メモを記述するエリアの指定
  • data-charset=”utf-8”
    読み込むマークダウンの文字コード設定
  • data-background-color=”gray”
    スライド全体の背景設定
  • color=”#AAA”
    スライド全体の文字色指定
slide.md
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
101
102
103
104
105
106
107
108
109
110
111
112
113
114
115
116
117
118
119
120
121
122
123
124
125
126
127
128
129
130
131
132
<!-- .element data-background-color="#909000" -->

# reveal.js を試す <!-- .element style="color:#A0A0A0;" -->

背景色を個別設定

---

### 文字色設定

- りんご <!-- .element style="color:#FF0000" -->
- みかん <!-- .element style="color:#EBAE28" -->
- もも <!-- .element style="color:#E3B3C7" -->

Note:

発表者ノートを Note:以降に記載できる
あいうえお

---

<!-- .element data-transition="zoom" -->

### ページ送り ZOOM

---

<!-- .element data-transition="fast" -->

### ページ送り 早い

---

<!-- .element data-transition="slow" -->

### ページ送り 遅い

---

<!-- .element data-transition="slide-in fade-out" -->

### ページ送り スライドしてフェードで次へ

---

<!-- .element data-background-image="img/img.jpg" -->

### 背景に画像を設定

---

### 縦ページ遷移

~--

### フラグメントありていに言うならアニメーション

デフォルト <!-- .element: class="fragment" data-fragment-index="1" -->

フェードアウト <!-- .element: class="fragment fade-out" data-fragment-index="2"-->

上フェード <!-- .element: class="fragment fade-up" data-fragment-index="3"-->

下フェード <!-- .element: class="fragment fade-down" data-fragment-index="4"-->

左フェード <!-- .element: class="fragment fade-left" data-fragment-index="5" -->

右フェード <!-- .element: class="fragment fade-right" data-fragment-index="6"-->

フェードイン・フェードアウト <!-- .element: class="fragment fade-in-then-out" data-fragment-index="7"-->

フェードイン・50%透明に <!-- .element: class="fragment fade-in-then-semi-out" data-fragment-index="8"-->

取り消す <!-- .element: class="fragment strike" data-fragment-index="9" -->

~--

### フラグメントありていに言うならアニメーション 2

大きくする <!-- .element: class="fragment grow" data-fragment-index="1" -->

小さくする <!-- .element: class="fragment shrink" data-fragment-index="2"-->

赤くする <!-- .element: class="fragment highlight-red" data-fragment-index="3" -->

一旦赤くする <!-- .element: class="fragment highlight-current-red" data-fragment-index="4" -->

青もある <!-- .element: class="fragment highlight-blue" data-fragment-index="5" -->

一旦青くする <!-- .element: class="fragment highlight-current-blue" data-fragment-index="6" -->

緑もある <!-- .element: class="fragment highlight-green" data-fragment-index="5" -->

一旦緑にする <!-- .element: class="fragment highlight-current-green" data-fragment-index="6" -->

---

### 画像を表示

(はみ出す)

![](img/img2.jpg)

---

### 画像を表示

(はみ出さないように自動調整)

<img src="img/img2.jpg" class="r-stretch"/>

```md
![](ファイルパス)
```

を使うと自動調整がうまく効かない

---

### 画像を表示

(はみ出さないように手動サイズ調整)

![](img/img2.jpg) <!-- .element: width="100px" -->

---

### なるべく大きく <!-- .element: class="r-fit-text" -->

なるべく大きく <!-- .element: class="r-fit-text" -->

サイズ無調整

動かしてみると以下のようになります。

PDF への変換は
http://localhost:8000/?print-pdfにアクセスし、そのページを PDF として保存するとのことです。
確認してみたところ、横に遷移するページは変換が正しく行われていたのですが、縦に遷移するページ以降がおかしくなっていました。
プレゼン用途と配布用途では分離した方が良さそうです。

縦スクロールしたり、アニメーションがリッチでかっこいい感じのものができました。

Marp

導入

1
2
3
4
5
npm install --save-dev @marp-team/marp-cli

# slide.mdを作成

npx @marp-team/marp-cli -w -s ./

http://localhost:8080/slide.mdにアクセスすると、白いページだけ表示されます。

使ってみる

slide.md を書き換えてスライドを作成します。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
101
102
103
104
105
106
107
108
109
110
111
112
113
114
115
116
117
118
119
120
121
122
123
124
125
126
127
128
129
130
131
132
133
134
135
136
137
138
139
140
141
142
143
144
145
146
147
148
149
150
151
152
153
154
155
156
157
158
159
160
161
162
163
164
165
166
167
168
169
170
171
172
173
174
175
176
177
178
179
180
181
182
183
184
185
186
187
188
189
190
191
192
193
194
195
196
197
---
title: スライドのタイトル
description: スライドの説明
# テーマ設定 defult gaia uncover
theme: defult
# 1ページ目のページ表示するか
paginate: false
# 2ページ目以降のページ表示するか
_paginate: true
# ヘッダー文字列設定
header: ヘッダー文字列
# フッター文字列設定
footer: フッター文字列
# サイズ指定 4:3 と 16:9 が設定できた
size: 16:9

marp: true
style: |
section.titlepage * , h1{
text-align: center;
}
section.titlepage{
background-color: #AA0
}
header, footer{
text-align: center;
}
---

<!-- _class: titlepage -->

# Marp

背景色をクラス付与で個別設定

```
<!-- _class: titlepage -->

```

---

<!-- _backgroundColor: gray -->

背景色を HTML コメント で個別設定

```md
<!-- _backgroundColor: gray -->
```

`_`をつけると適用先が現在のページだけに
`_`がないと記述したページ以降すべてに適用

---

<!-- _color: #FF0000 -->

# 文字色指定

ページ単位で文字色を指定

```md
<!-- _color: #FF0000 -->
```

- りんご
- みかん
- もも

---

# 画像(ただ貼り付け)

![](./img/img.jpg)

```md
![](./img/img.jpg)
```

---

# 画像(背景として貼り付け)

![bg](./img/img.jpg)

```md
![bg](./img/img.jpg)
```

---

# 画像(半透明で貼り付け)

![bg opacity:.5](./img/img.jpg)
```md
![bg opacity:.5](./img/img.jpg)
```

---

# 画像(ブラー効果をつけて貼り付け)

![bg blur:10px](./img/img.jpg)
```md
![bg blur:10px](./img/img.jpg)
```

---

# 画像(右半分に指定して貼り付け)

![bg right](./img/img2.jpg)
```md
![bg right](./img/img2.jpg)
```

---

# 画像(右半分に 2 枚貼り付け)

![bg right](./img/img2.jpg)
![bg right](./img/img2.jpg)
```md
![bg right](./img/img2.jpg)
![bg right](./img/img2.jpg)
```

---

# 画像(右側に 20%の範囲を設定して貼り付け)

![bg right:20%](./img/img2.jpg)
```md
![bg right:20%](./img/img2.jpg)
```

---

# リスト

- 1つめ
- 2つめ
- 3つめ

```md
- 1つめ
- 2つめ
- 3つめ
```

---

# フラグメントリスト

* 1つめ
* 2つめ
* 3つめ

`-` をつけるとただのリスト
`*` をつけるとフラグメントリスト

```md
* 1つめ
* 2つめ
* 3つめ
```


---
# 番号付きリスト

1. 1つめ
2. 2つめ
3. 3つめ

```md
1. 1つめ
2. 2つめ
3. 3つめ
```

---

# 番号付きフラグメントリスト

1) 1つめ
2) 2つめ
3) 3つめ

`数字.` をつけるとただの数字付きリスト
`数字)` をつけると数ぎ付きフラグメントリスト

```md
1) 1つめ
2) 2つめ
3) 3つめ
```

こちらを動作させると次のようになります。

画像の貼り付け機能が便利で、右寄せすると文字は左側に寄せられるので、非常に便利です。

例えばこんな感じ。

1
2
3
4
5
6
7
<!-- header: "" -->
<!-- footer: "" -->

![bg right](./img/img2.jpg)

吾輩は猫である。名前はまだ無い。
 どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。この書生というのは時々我々を捕えて煮て食うという話である。しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。ただ彼の掌に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあったばかりである。掌の上で少し落ちついて書生の顔を見たのがいわゆる人間というものの見始であろう

雑にレイアウトしてイイ感じにしてくれるという、「さっとスライドを作りたい」という需要には答えてくれています。

reveal.jsとの違いとしては、指定した16:9や4.3ではないサイズで開かれたときに、Marpは見切れます。
印刷も検討に入れて調整するときには、見切れてくれた方が助かるので、冒頭の感想でスライド向けと書きました。

エクスポートは以下のコマンドで実行できます。

1
2
3
4
5
# PDFに出力
npx @marp-team/marp-cli .\slide.md -o output.pdf

# HTMLに出力
npx @marp-team/marp-cli .\slide.md -o output.html

HTMLへの出力は、注意が必要で画像などのフォルダは、同じ構成で持っておく必要があります。
今回の場合、img/img.jpgでアクセスしているのでHTMLファイルも同じ構成でファイルアクセスできる必要があります。


今回はreveal.jsとMarpを試しました、最初はremarkも書こうかと思いましたが息切れです。
どちらか片一方という判断はまだできてませんが、積極的に使用したいと考えています。

ではでは。