Ruby on Rails での認証(Deviseライブラリ)

前回から引き続き、Ruby on Rails での認証を調べていると頻繁にdeviseライブラリに関する記述を見かけることが多かったので触ってみます。

参考にしたのは以下のページ

原文を見ながら、手助けとしてQiitaのページを見てみます。
ちなみに見つけたのはQiitaのページが先でした。

Read More

Ruby on Rails 備忘録.2

「Ruby on Rails」を触っています。
今回もほとんどドットインストールkindleUnlimitedで学んだことの
備忘録みたいな感じです。

前回の1つのテーブルに対してCURDの処理を作りました。
その全編を記事を作りながら行っていたら大体8時間位かかりましたが、
振り返りながら1から作り直していったら2時間程度で行けたので、コツがつかめれば1時間は切れそうです。

関連付けされたmodelを作成する。

1
2
3
4
# モデル作成
rails g model Comment [カラム名]:[カラム型] [カラム名(モデル名)]:references
# テーブルに展開
rails db:migrate

[カラム名(モデル名)]:refurencesの部分が外部制約されるカラムになる。

Read More

RubyをWindowsに導入しました。

Windows環境にRubyを導入しました。
普段主にNode.jsを触ることが多いのですが、

  • アプリケーション開発環境として「Ruby on Rails」への興味
  • Node.js以外の環境へのチャレンジ
  • 湊川あいさんの「マンガでわかるRuby」読んだだけになってた…
  • etc…

なんて理由でRubyを触ってみることにしました。
とりあえず、普段触るWindows10(ver1809)に導入します。

それでは本編

Read More

AR.jsを触っていました。

ARやMRなどのXR分野に手を出してみたくて、調べていたらAR.jsを見つけました。

以前のml5.jsや、フロントエンドの技術とIOTと組合わせることで、
何か面白いものが作れそうな気がしたので、試してみます。

数年前にThree.jsを触っていたこともあったので、3Dの描画にAR.jsはとてもよさそうです。

今回の作成にあたって、いくつかのWEBサイトを参考にしています。

参考

その中でもA-Frameを使用せずに使っているサンプルは一つしか見当たらなくて、
正直丸パクリぽくて心苦しい部分があります。
ですが、webpackを絡めているものは見当たらなかったので、そのあたりで参考にしてもらえればうれしいです。
ARマーカーに立方体を表示するだけのシンプルな構成にしました。
それではソース他の解説です。

Read More

M5stack で画面アニメーションと独自の16セグメント表示の件

先日アップしたM5Stackで RFIDを読み込んでmp3ファイルを鳴らす
を組み込んだヘンシンデバイスを作った話の基盤の件です。

どうせ作るなら、リッチな画面がよかったので次みたいなM5stackの画面をアニメーションで作りました。

本番では、複数の画面を作っていますがそのうちいくつかを紹介します。

では本編

Read More

M5Stackで RFIDを読み込んでmp3ファイルを鳴らす

今まで書いた

を組み合わせて、RFIDの読み取り結果でmp3ファイルを鳴らし分けるテストをした。
作成自体は3月初めに終わっていて動画まで撮っていたので供養の意味を込めて記事化。
動作は次の動画の通り(作業机キタナイ・・・。)

動画を撮ったときの時点ではM5Stackを使ってmp3ファイルを鳴らす
の後日談で書いたM5StackのTFTが真っ白になって操作できない件が解決していません。

先日、M5Stackユーザーミーティング vol.4にLT発表者として「M5StackとRFIDでデバイスを作った話」というタイトルで、
今回の記事の構成を発展させた「変身ブレス」を作った話をさせてもらいました。
そういう意味でも、失敗したなりにも記事にします。

Read More