RubyをWindowsに導入しました。

Windows環境にRubyを導入しました。
普段主にNode.jsを触ることが多いのですが、

  • アプリケーション開発環境として「Ruby on Rails」への興味
  • Node.js以外の環境へのチャレンジ
  • 湊川あいさんの「マンガでわかるRuby」読んだだけになってた…
  • etc…

なんて理由でRubyを触ってみることにしました。
とりあえず、普段触るWindows10(ver1809)に導入します。

それでは本編

インストール手順

  1. インストーラダウンロード
    RubyInstaller for Windowsからダウンロードします。
    今回はRuby+Devkit 2.6.3-1 (x64) ≡を選びました。

  2. インストール実行
    前項でダウンロードしたインストーラを実行します。
    I accept the Licenseを選んでからNext >

    Install

    MSYS2 development toolchaln 2019-04-18はチェックを入れたままにしてNext >

    しばらく待機

    Run 'ridk install' to setup MSYS2 and development toolchain. MSYS2 is required to install gems with C extensionsにチェックを入れてFinish

    コマンドラインのインストーラが立ち上がる。1,2,3をそれ実行しました。
    1.2は実行済みであるから3だけ実行している方もいるみたいです。

  3. 一旦再起動
    Windowsでインストールしたとき再起動する何てよくあることです。
    環境変数にパスが通っていないからかcmdからruby -vができませんでした。
    別のPCではできたのでこの差はなんだろう?

  4. 動作確認
    Cmdを立ち上げてirbを起動

    対話的にrubyを実行できます。
    関数を定義して、実行してみました。

この後,「プログラミング経験者のためのRuby最速入門」を見ながら文法など一通り確認しました。

後で記事にしたいと思いますが、「Ruby on Rails」も触ってみました。
モデル定義してコマンド実行すると、データのCRUD機能を生成してくれて、サーバを立ち上げるとデータの入出力できている。

こういうものってNode.jsにもないのかな?って思ったので、
調べたら、「Express generator」を見つけたので、こっちも触ってみようと思う。
データ定義できるツールもありそうだから、調べたりしてる。
Express使ってて、今まで知らなかったこと自体は自身の怠慢だなとも思った。

ではまた。